私、のもまさの日々起こった事を書いていきます


by nomomasa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2004年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

旅行記10

一夜明けて朝から観光です
まずは安楽寺へと向かいました
b0042903_22193833.jpg

黒門を抜けて参道を登っていきます
b0042903_22232744.jpg

この辺りも紅葉がとても綺麗に色付いていました
参道から右に折れると階段があり
その上の門をくぐると境内にたどりつきます
b0042903_22261517.jpg
b0042903_22264362.jpg

本堂でお参りしてからさらに奥へと向かいます
途中には経蔵(1794年建築)があります
中には朱塗りの八角輪蔵があり一切経が納められています
b0042903_2232357.jpg

また本堂の裏には開山堂があり
中には初代住職の樵谷惟仙と二世の幼牛恵仁の像があります
b0042903_22445115.jpg

この像は1329年のもので
鎌倉時代を代表する彫刻で重文に指定されています
そして階段を上った一番奥の所に三重塔が見えてきます
b0042903_22454114.jpg

この三重塔は国宝に指定されていて
日本にはここにしかない変わった三重塔です
その形は八角形をしているのです
b0042903_2249477.jpg

この塔は鎌倉時代末期に建てられ
その様式は禅宗様で建てられています
それにしても見れば見るほど変わった塔です
ぱっと見は四重に見えますが
一番下の屋根は裳階(もこし)といってひさしなんだそうです
全体の形がころっとしていてなんかかわいい塔ですね
by nomomasa | 2004-11-28 23:01 | 旅行

ブレーキOH

うちに生息するFIAT PUNTOのブレーキが逝ってしまいました
距離は32000キロを超えたとこです
パッドが減っているのにも気が付かず
そのまま乗っていたらローターまで削れてしまいました
ここまで放っておくとは情けないです
早速ディーラーへ入院して今日帰ってきました
ローターとパッド、工賃とで34100円也
早めの点検と交換が必要ですね
by nomomasa | 2004-11-28 00:58 |

旅行記9

やっと別所温泉までやって参りました
温泉街から少し離れた所に常楽寺があります
常楽寺、安楽寺、長楽寺と別所三楽寺の一つです
創建は八ニ四~八三四年に慈覚大師によって開かれたそうです
温泉の中心にある北向観音を守るお寺で
天台宗の別格本山になっています
b0042903_21594179.jpg

本堂は江戸時代中期の建立で茅葺の立派なものです
その左脇から奥へ歩いていくと
杉木立の中に石造多宝塔があります
b0042903_2244225.jpg

この多宝塔は1262年に建てられたもので
鎌倉時代を代表する多宝塔といわれ国の重文に指定されています
このあと宿泊先の旅館に向かいました
by nomomasa | 2004-11-27 22:32 | 旅行

旅行記8

中禅寺のほぼ隣にある塩野神社にも今回足を伸ばしてきました
ここには一度も行ったことが無かったので楽しみです
この神社も非常に古い神社で「延喜式」のなかにのっています
もとは背後にある独鈷山の山頂近くの鷲岩に祀ってあったもので
人里ちかくのこの場所に移したものだそうです
b0042903_093230.jpg

参道の杉並木です
b0042903_0104742.jpg

杉並木をぬけると独鈷山から湧き出る
塩野川にかかる太鼓橋があります
b0042903_0254068.jpg

太鼓橋を渡ると正面に拝殿および本殿が見えてきます
社殿は江戸時代の建物で拝殿は寛保三年(1743年)
本殿は寛延三年(1750年)創建の物とされています
b0042903_0261777.jpg

拝殿は二階建ての楼門造りというもので珍しいそうです
b0042903_0263481.jpg

本殿は一間社流れ造りというもので彫刻が見事でした
b0042903_0223098.jpg

社殿の向かって右脇に大きな岩が立ち並び
その上に小さな石の祠があります
これは盤座(いわくら)といい
神様が降りてくる場所だそうです
神社の周囲は深い森につつまれて
静かな神秘的な場所でした
本当に神様が降りてくるような気がしました
by nomomasa | 2004-11-24 00:34 | 旅行

旅行記7

中禅寺にやってまいりました
ここの見所は薬師堂です
重要文化財に指定されているお堂で
「方三間式の阿弥陀堂形式」という作りだそうです
方三間とは東西南北どこから見ても柱が4本あるお堂のことです
このお堂は鎌倉時代前期に建てられたもので
中部地方で最古のお堂だそうです
b0042903_22224786.jpg

内部には薬師如来像とそれをお守りする神将像がおかれています
b0042903_22251730.jpg

お堂の裏には五輪塔が立っていました
b0042903_2227489.jpg

この五輪塔も鎌倉時代のものだそうです
b0042903_22312270.jpg

お堂の前には仁王門がお堂を守っています
仁王像は平安末期の物だそうです
周囲はとても静かで時間の流れが止まっているかのようでした
しばらくお堂に座ってのんびりとしていました
帰りにお茶屋さんでそば茶とお焼きをいただいてきました
b0042903_22353569.jpg

by nomomasa | 2004-11-15 22:23 | 旅行

旅行記6

次は前山寺に向かいました
前山寺は平安時代に
弘法大師によって創立されたそうです
参道の手前の駐車場に車を停め境内へ
参道には周囲5,6mもあるケヤキの木があり
とても厳かな雰囲気です
b0042903_20524013.jpg

参道の突き当たりの階段を上っていくと薬医門があり
b0042903_20555491.jpg

門をくぐると正面に三重塔が見えてきます
b0042903_20565882.jpg

境内には銀杏や紅葉などが沢山ありきれいに色づいています
風が吹くといろづいた葉が舞い幻想的な世界が広がってます
さすがに有名な場所だけあってなかなか人がいました
それでも京都や鎌倉などに比べれば少ないです
ゆっくりと境内を散策できますよ
本堂は茅葺の建物でこじんまりとしていて
日本昔話にでてきそうなほのぼのとしています
b0042903_2142994.jpg

ここお寺の三重塔はとても有名で
未完の塔といわれています
塔の2層目3層目には窓が無く
またその2、3層目の下部から
貫といわれる角材がでています
本来はここに手すりがつくはずらしいのですが
なぜか2層目以降には装飾が無いのです
そのため未完の塔といわれているそうです
b0042903_21113910.jpg

四季折々の風景を是非堪能してみたいです
この辺りは小さなお寺が沢山ありお勧めの場所です
次は中禅寺に向かいます
by nomomasa | 2004-11-07 20:57 | 旅行

旅行記5

次に向かったのは生島足島神社です
今から一千年も前に全国の神社について書かれた
「延喜式」にという書物に
信濃国では諏訪大社とならんで大社とかかれている
由緒ある神社だそうです
ここで祀られている神様は
生島神と足島神の二柱です
ご神体は変わっていて地面である「土」です
拝殿の中に大社造りの宮殿があり
その中は真っ暗でなにもないそうです
その地面がご神体となっているのだそうです
b0042903_23124244.jpg

この日は祭日で天気もとても良かったので
七五三の人たちでいっぱいでした
拝殿の周りは人だかりだったので詳しくは見れませんでした
ただ観光で来ている人たちは少ないため
拝殿から離れた所にある廻り舞台はよく見れました
この建物は明治元年(1868年)に建てられたものです
中には武田信玄への起請文のコピーが展示してありました
また舞台の下に入れて廻り舞台の構造がよくわかりました
他にはあまり写真を撮ってないので
自分の車をパシャっと
b0042903_23213722.jpg

そこそこ滞在して次の目的地前山寺に向かいました
by nomomasa | 2004-11-06 23:12 | 旅行

秋の信州

先日水曜日に信州の塩田平にいってきました
初めはまだ紅葉の時期ではないかなとおもっていましたが
すっかりと紅葉していました
赤、黄、橙と美しいコントラストを堪能してきました
b0042903_20531150.jpg

中禅寺 薬師堂です
by nomomasa | 2004-11-06 20:53

旅行記4

海野宿を出て次に信濃国分寺を目指します
そのまま海野宿を通り抜け国道18号に出て
しばらく上田方面に進むと
左側に国分寺の看板が見えてきます
資料館の前の駐車場に車を停め(無料)
国道を渡り仁王門をくぐり
b0042903_20223510.jpg

参道を50mほどいくと境内に着きます
境内にはむかって右側に三重塔が
b0042903_2024886.jpg

正面には本堂の薬師堂があります
b0042903_20244961.jpg

信濃国分寺は天平13年(741年)に建立され
その2、300年後に焼失
その後現在の位置に再建されたとのことです
三重塔は室町時代中期に建てられた物で
国の重要文化財に指定されています
境内にある石造多宝塔は鎌倉時代のもので
珍しいものだそうです
b0042903_2038315.jpg

境内には人影も無くとても静かでした
ゆっくりと落ち着いて見学することができました
三重塔はその形がとても美しく
時間を忘れて眺めていました
お参りをして次に目指す場所
生島足島神社を目指します
by nomomasa | 2004-11-06 20:21 | 旅行

旅行記3

さて、布引観音を後にして
次に海野宿に向かいました
国道18号を上田に車を走らせると
海野宿の標識が見えてきます
信号を左折すると駐車場があります(300円也)
そこに車を止めて海野宿の散策開始です
駐車場の隣にある白鳥神社を通り抜けると
車2台がやっと通れるくらいの道の両脇に
昔の家並みが続いています
b0042903_22132775.jpg

海野宿は寛永2年(1625年)に
北国街道の宿駅として開設
延長650m 享和年間には旅籠23軒
伝馬屋敷が59軒あってにぎわっていたそうです
現在は道の脇に防火用水が流れていて
その水もとても綺麗でした
電柱は取り払われていて
宿場全体が見渡せるようになっています
b0042903_2221076.jpg

建物には卯建(うだつ)
(うだつがあがらないの語源です)
海野格子と呼ばれる2階格子
屋根の上にある気抜き等
色々と昔の建物の特徴が見られます
宿場の家はいろいろなお店となっていて
お土産を買うのにはいいと思います
帰りに駐車場のおじさんに
じゃがいもを一袋お土産に頂きました
本当にありがとうございました
地元の人の温かさに触れることもできた
いい場所でした
さぁ次は国分寺へ向かいます
by nomomasa | 2004-11-05 22:57 | 旅行